授業観を明確にすることが生徒の成長を促す

新年になって、再度「授業観」について考え直したいと感じました。

(1)授業観とは?

 

授業観とは、「どういう目的で授業をするのか」ということです。

これは、「私自身がどういう思いで生徒・学生の前に立っているのか」ということです。

(2) 私の授業観

カリキュラム〈 成長=気づき⇒行動⇒喜び

これが、私の「授業観」です。

 

■カリキュラム優先ではない

 

カリキュラムを優先するよりも、「今、目の前の生徒・学生たちに必要なことを提供」する。

「本当は、ここまで進みたいんやけど」ではなく、「ここで、このことをしっかりと伝えなければ」という思いを優先します。

■授業は「成長のきっかけ」

授業ですべて教え込んでしまうのはよくありません。

 

「教え込む」のではなく「考えさせる」、「考えさせる」だけでなく「気づかせる」。

なんでもかんでも説明すれば良いわけではありません。

生徒・学生自身に説明させれば良いのです。そういう場面も必要なのです。

「伝える」のではなく、「伝わる」授業

そして、授業が終わった後、全員が「やるべきことが分かっている」「なぜそれをすべきかが分かっている」「何が足りていないのかが分かっている」、この状態を作り出すことが必要です。

【教育ブログ】子どもの素朴な疑問に答えよう

みなさん、こんにちは。

いつもブログをお読みくださり、ありがとうございます。

毎回、長い文章で申し訳ありません。

先々週の私の授業で、ある高校3年生の女の子が「核心をつく」質問をしてきました。

(元ネタの問題)「どちらの方法を選んだらよいか決断がつかなかった」

I could not( choose / to / which / decide / way ).

この問題に対する正しい答えは次の通りです。

(正解)I could not decide which way to choose.

しかし、この生徒はこう質問をしてきました。

(質問)I could not decide to choose which way.ではダメなのですか?

benkyo

 

確かに、①decideはto 不定詞を目的語にとる、②which wayはchooseの目的語になる、のです。

ですから、一見正しい英文です。

我々講師はこういう質問や疑問を見逃してはいけないのです。

英語だけではありません。

子どもの素朴な疑問に対して「こういう答えやから」などと適当な反応をしてはいけません。

子どもにとっては素朴な質問かもしれません。単純な興味から質問したかもしれません。

しかし、その質問に対する返答がいい加減なものならば、子どもは大人に対する不信感を抱くのではないでしょうか。

正直、私も即答できなかったので、すぐに調べました。

そして、「なるほど!」と思う英文が多数出てきたので、その子には伝えました。

その子も「そういうことやったんや!前からずっと疑問に思ってたねん。ありがとう」と言ってくれました。

■「プロ講師が教える基礎から始める高校英文法」(メルマガ)
sub-198927@mc.melma.com

■「話し方がうまくなる技術」動画

■「相手に届く話し方・伝え方」(メルマガ)
sub-198927@mc.melma.com

■Facebookページはコチラ
https://www.facebook.com/westtedu

【教育ブログ】夢・目標、集中力、時間

先週のブログ「『がんばれ』では成果は出ない」を今週と来週の2回で詳しく説明します。

ところで、あなたは1日に何回「頑張れ」「頑張ろう」「頑張ったら」という言葉を使っていますか。

夏休みが始まり様々な高校や塾、予備校で授業をさせていただいておりますが、

「どう『具体的に』頑張るのか」が描けていないと、ゴール設定があってもそこに至るまでの行動計画がないために、結局は遠回りをしたり、永遠にたどり着けなかったりするのです。

だからこそ、私は今週と来週でお伝えしたいのです。

person-217173_640

(1) 漠然とした夢や目標を持とう

こんなにも混沌として、先行き不透明な世の中です。

「将来、何になりたいの?」という質問はほぼナンセンスになってきているのではないでしょうか。

確かに、「消防士になりたい」「サッカー選手になりたい」「警察官になりたい」・・・という夢を持つことは大事です。

しかし、現実は「自分にできること」の数を増やす方が将来には有益だと私は考えています。

だから、夢や目標は漠然としたものでいいのです。

「大学に合格する」

「英語ができるようになりたい」

「大金持ちになりたい」

「海外で暮らしたい」

そういう夢や目標が「達成できるかもしれない」と、きっかけや希望を与えるのが教師の役割です。

しかし、漠然とした夢や目標が持てない生徒もいます。

その場合は、直近のことに対する夢や目標でいいのではないでしょうか。

「次の小テストで満点を取る」

「次の中間テストでは欠点を取らない」

など短期的な夢や目標を教師と生徒が共有することが肝心です。

(2)集中力

話は少しそれて、「教師の側からの見た集中力」についてまず私の考えを述べさせていただきます。

前に立って教えていると常に感じますが、子供の集中力は長続きしません。

割と能力のある子供でも、本当に集中力が続いているのかどうかは不明です。

「集中しているふり」をしている可能性もあります。

一般的に「集中力は長続きしない」と言われています。

だからこそ、力量のある教師は「集中力は長続きしないという前提で、授業に工夫をする」のです。

つまり、集中力が切れそうなタイミングで授業に「変化」を与えるのです。

みなさんも、まっすぐな道路を運転していたら次第に睡魔が襲うのではないでしょうか。

また、単調な作業を長時間していると頭がぼーっとすることもありますよね。

それを防ぐために、授業に「刺激」を入れます。

そして子供たちの集中力をリセットし、リスタートさせます。

だから、「集中しろ!」という言葉は確かに重要ですが、「集中させる工夫を考えろ!」と教師に言いたいものです。

次に、「生徒側から見た集中力」です。

先日、私は「君たちは『集中して授業をきく』と常に言うが、一体『集中している』とはどんな状態をさすの?」

と問いかけました。

・先生の話を一言も聞きもらさない

・先生の話をしっかりと書き留める

・先生の話を一回で理解する

・一問も間違えずに問題を解く

・授業の中ですべて覚えきる

・「なぜ」と思いながら授業を聞く

様々な答えが返ってきました。

しかし、中には「集中している状態」がどんな状態かイメージできていない子もいます。

あなたのお子さんや生徒さんの中に「集中力の定義」はあるのでしょうか?

(3)時間

時間の使い方は、もやは勉強だけの話ではありません。

大人にとっても仕事の質を改善するためには時間の使い方が重要です。

大人になれば「時間の使い方は大切やなあ」と実感します。

しかし、勉強が苦手な子は時間の使い方が下手、というよりは「知らない」というのが現実です。

「知らない」のに「時間をうまく使え」とアドバイスしても何の解決にもなりません。

だから、勉強が苦手な子には、まずどんなふうに時間を使っているのかをしっかりと聞き取ります。

例えば、3回連続小テストの点数が10点中2点だったとしましょう。

あなたはどのようにして、この子に接しますか。

私はまず、「笑顔」でその子を呼びます。

そして、「この小テストの勉強にどのくらいの時間を費やしたの?」と聞きます。

実は私は、この質問に対する答えには正解がないと思っています。

5分だろうが、1時間だろうが、はっきり言って何でもいいのです。

要は「勉強したのか、しなかったのか」が大事です。

〈勉強しなかった場合〉

「小テストの勉強をしなかった」「小テストがあるのを忘れていた」「やろうと思ったけど、覚えるのが苦手だから先に違う科目の勉強をした」「やろうと思ったけど忙しくてできなかった」「疲れて寝てしまった」

様々な返答が返ってきます。

だから、それぞれの理由に対して、次の手を打たなければなりません。

〈勉強した場合〉

ここでは時間は問題ありません。

要は「勉強したのに小テストが取れなかった理由」が「前向きな理由」なのか「後ろ向きな理由」なのかが大事です。

●前向きな理由⇒ケアレスミスをした、やるページを間違えた、1問にこだわりすぎて先に進めなかった

●後ろ向きな理由⇒テスト前にさっと見ただけ、どう解いたらいいのか分からなかった

このように子供の自己分析に基づいて、「さて、どう時間の使い方を教えてあげようか」というのが大事ではないでしょうか。

【教育ブログ】情報と人脈を増やせば授業にも厚みが出る!

私は2012年に会社を辞めて以来、大きく変わったことがあります。

それは「情報量」です。

会社員であった時は、「教育」に関する情報しか興味はありませんでした。
新聞もネットも、まずは「教育に関する情報」「入試に関する情報」を確認しました。
会う人ももちろん教育関係者ばかりです。
読む本は「英語」に関する本ばかり。それが普通だと思っていました。

しかし、独立した後は、全く違う世界の人たちと知り合うようになりました。

人脈が豊かになったからこそ、得られる情報も増えました。

businessmen-42691_640

会社員の時ならばブログもホームページもやっていなかったです。

だからこそ、今言いたいことは、
「今の仕事を続けながらで構わないから、
時間を見つけて人脈を増やそう」ということです。
確かに、本からもたくさん学べます。

しかし、生の教材(人)ほど価値のあるものはありません

そうやって幅広い情報と人脈を手に入れて、
また授業をすると、授業に厚みが出てきます。

OLPC_Class_-_Mongolia_Ulaanbaatar

■「話し方がうまくなる技術」動画
https://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=Qz8Wf_ktsbE

■「相手に届く話し方・伝え方」(メルマガ)
sub-198927@mc.melma.com

■キラキラ輝く女性をプロデュース
http://www.brilliantwomancompany.com/

■Facebookページはコチラ
https://www.facebook.com/westtedu
https://www.facebook.com/brilliant.woman.company

【教育ブログ】「大事だから覚えておきなさい」は生徒には不便

学校や塾の先生だけでなく、いわゆる先生と言われる人たちの口癖の一つに

「大事だから覚えておきなさい」というのがあります。

私は学生の頃、ある授業でしきりに先生が「覚えておきなさい」や「大事だから」と言うものだから、
ついつい授業中に「この先生は何回(覚えておきなさい、大事だから)を言うのだろう」と思って
カウントしたことがあります。

それくらい、ついつい安易に言ってしまうことです。

しかし、生徒からすれば「じゃ、どうやって覚えるねん?」ということになります。

いつの時代でも、

「先生、おれ暗記苦手やねん」

「先生、全然覚えられへん」

と訴えかけて来る生徒がいます。

生徒だけではありません。社会人になっても「暗記が苦手」という人はかなりいます。

では、どうやって「覚えさせるのか」が先生の腕の見せ所ではないでしょうか?

Bibliotheek

1. いかにして興味を持たせるか

2. いかにして身近な話題を織り交ぜて伝えるのか

3. いかに印象に残るパフォーマンスをするのか

4. いかに自然に覚えさせるのか

そんなことを考えながら、今日もネタ探しです!

★弊社の「話し方」に関する動画です

【教育ブログ】自分で目標を言わせる

私はは常々セミナーでこう伝えています。

「自分にとって価値ある目標を事前に設定すること」

そのため、小テストをするにしても「何点以上が合格」なんて決めないようにしています。

心の中では、

「満点にならないと合格ではない。1点でも落としたら不合格。だって商品テストでも同じでしょ?

1箇所でも不良があればそれは不合格だから」

と思っています。

しかし、

「学校での小テストは子供一人一人の能力に合わせて、子供自身が自分で納得できる目標点数を設定すれば良い」

と私は考えています。

階段, 成功に向けての努力, 野心, 熱意, 自然, 勤勉さ, 慌ただしさ, 電源を主張します

全体で30問のテスト。
いつも5点しか取れない。
それならば、
一緒になって、
「小テストの勉強の仕方」を考え、
「次の目標点数を生徒に決めさせる」。

それだけでモチベーションが上がります。

そして、きちんと目標を達成すれば、思いっきり褒める!

褒めて褒めて褒めまくる!

だから、
合格基準なんて設定しなくても、
結果が出せる子供が増えるのです。

 

【教育ブログ】「なぜ」に答える

授業の中で子供たちが急に真剣に話を聞く場面があります。

それは、子供たちの「なぜ」に答えるかのように私が説明している場面です。

特に、現在塾通いしている子供が多いです。

そして、塾では恐らく「大事だから覚えておきなさい」で済まされるのではないでしょうか?

だから、私は「なぜそうなるのか?なぜそのような公式になるのか?」を説明します。

それが記憶に残るし、子供たちの学ぶ意欲を高めるからです。

children-286239_640

あなたも口癖のように言っていませんか?
「大事だから、覚えておきなさい」

それでは子供は勉強に興味を示さないのではないでしょうか?

仕事に惚れていますか?

最近よくされる質問の一つに、

「なぜ、西さんはそんなに順調なのですか?」

がある。

・授業(高校・短大・大学・塾・予備校)のコマ数の増加

・本の出版(2冊予定)

・雑誌のインタビュー

・話し方セミナー満員御礼

・自治会長

ふと立ち止ってその答えを考えてみた。

私はどちらかと言うと、ぼんやりとした10年先の目標はある。

しかし、極端なことを言えば「今日一日をどう生きるか」

を誰よりも真剣に考えている。

それは後悔したくないからだ。

だから誰よりも一生懸命にやる。

もっと言えば「自分の仕事に惚れている」からだ。

自分のためというよりは、人のため。

最初は「自分中心」から始まった。

会社を辞めて生活費を稼がなければならなかったからだ。

でもそれだけでは不十分だと気づいた。

いや、不十分というより、「自分中心」は間違っているということに気づいた。

だから、「人のため」と真剣に考えるようになった。

今、もう一つ会社を作ろうと考えている。

「仕事に惚れている」人に集まってほしい。

授業は投資

先日、学生たちに「授業は投資」という話をしました。

「授業は受けるもの」ではないのです。受けて当然です。

それ以上に大事なのは「授業で学ぶこと」です。

授業で学んだことは、今後の人生において必ずリターンのあるものです

リターンがあるから投資です。

しかもそのリターンは計り知れないくらい大きいです。

ハイリスクハイリターンな投資ではないです。

しかし、学生はそんなことには気付いていません。

気付いていないのも無理はありません。

なぜならば「授業は投資」ということを誰からも教えてもらっていないのですから。

せいぜい、「出席してレポートを書いて期末テストで合格し、単位をもらい就活をし、卒業すれば良い」ほどしか考えていないようです。

教える側の責任も大きいですね。

4月5日(日)堂々と価値ある話し方セミナー〈報告〉

こんばんは。

WEST-TOTAL-EDUCATIONの西です。

今日も梅田で「堂々と価値ある話し方セミナー」を開催してまいりました。

参加者数は11名。西は広島、東は愛知からもお越しくださいました。

新入社員、入社2年目、教員など様々な方が受講されました。

本当にありがとうございました。

本日参加された方の感想の一部をご紹介します。

・日ごろ授業をしていて「生徒がいて」成り立っていることは分かってはいても、重要度は自分の中で高くありませんでした。今日のセミナーで実際に自分たちで「スピーチをする方」「スピーチを聞く方」の両方体験することで、いかに「相手のこと」を考えて話さないといけないかを実感しました。今後授業案を考える際、これはしっかりと頭に入れておこうと思います。ありがとうございました。(教員)

・「話し方」を教えられている西さんは、どんな話し方でセミナーをされるのか楽しみにしていました。実際はスピードや間など、とても心地よく受けることができました!最後はスピーチまでしてとても緊張しましたが、一連の流れ(準備)やテーマの絞り方が分かって充実した時間でした。(広告代理店営業)

・スピーチの難しさ、準備の大切さ、自分と上手な人のどこが違うかが知ることができて勉強になりました。(新入社員)

・テキストも内容も盛りだくさんで非常に勉強になりました。3分間スピーチは緊張しましたが、いつものように話す内容に困る、ということはなく準備の大切さを実感しました。(IT関連)

・大変勉強になりました。プレゼンを今までしたことがなく、意識をしたこともないので意識する点を理解できました。ありがとうございます。また参加させてください。(入社2年目)

☆次回は4月26日(日)9:30~11:50です。⇒コチラ

皆さんのご参加をお待ちしております。